きいろいのはちょうちょ

スポンサー

どんどんどんどん走っていく少年

どんどんどんどん

きいろいのはちょうちょ

追いかけて

ずっと走っていく

リズムよく一気に読んでしまう絵本


【Amazon】きいろいのは ちょうちょ (五味太郎・しかけ絵本 (1))

【楽天ブックス】きいろいのはちょうちょ (五味太郎・しかけ絵本) [ 五味太郎 ]

長女、『きいろいのはちょうちょ』と出会う
細やかなイラストをじっとみて
長女は、おじさんが持つ本には何が書かれているんだとか、
歩いている子のカバンの掛け方が危ないだとか
お話をしてくれた

絵本は誰が選ぶ?
長女への配本サービスで来た絵本
配本サービスは、親が選ばないというところがいいと思う

書店で子どもが欲しがった絵本は、できるだけ何も言わず買うようにしたい
だけど、残念ながら
どうしても出会って欲しくない本も存在する
派手なポップとともに、子どもの目にとまりやすい場所に平積みされていたりする

親向けの絵本と、子どもへの絵本は、ぜひ分けておいて欲しい

絵本を選ぶ子どもの感性を信じて欲しい
子どもたちが素直に、偶然、ふと絵本と出会える環境づくりができればと思うが
それができるのは書店ではないのかしらん