寝る前の儀式は丁寧にお付き合いしたい!|『あたし、ねむれないの』カイ・ベックマン|偕成社

スポンサー

大好きな絵本

我が家の長女、夏子は驚いた
「え! この子、一人で寝てるんやなぁ!! すごいな!」

一人で寝るんだから
これくらい仲間が必要だよね
とてもよくわかります

うちの夏子は、家族がみんないないと眠れません
誰か一人でもいないとねむれやしないよ

【Amazon】あたし、ねむれないの (世界の絵本)

【楽天ブックス】あたし、ねむれないの (ベックマンの絵本) [ カイ・ベックマン ]

夏子は眠る時はずっとママと一緒だったね
妹が生まれるその日の朝まで1日も、ママ以外と眠ったことはなかったもんね
お布団でじゃれあいキャッキャとはしゃぐ2人をみると
仲良し姉妹でいてくれて本当によかったと思う

我が家はいつも4人でお風呂から出て
4人でお茶を飲んで
リビングの本棚から「寝る前の絵本」を4人で選ぶ
4歳は4冊、1歳は1冊
34歳は4冊、31歳は1冊となぜか決まってる

これは珍しいと言われるんだけど、
我が家では子どもたちが眠る時にはパパもママも一緒に添い寝して
本を読むことにしてる
4人で1日生きたんだから、4人で1日を終えたい
1日の終わりは家族で過ごしたい

眠る前にはベッドで
「今日あったできごと」をお話したいと思ってる
1歳半で少し言葉が出てきた次女の言語発達を促したい気持ちと
長女が1日どう心を動かしたのかを知りたい気持ちと
パパに、落ち着いて家族と過ごす幸せ時間を過ごして欲しい気持ち

何でも話し合える家族でいたいよね
将来、人に言えないことで悩んでも、家族には相談できるとか
眠る前に1日の行動を振り返って考えられるというような
生きていくのに必要な習慣をつけて欲しいとも思う

安心できる環境で温かいお布団に入って眠りたい
睡眠ってとてもデリケートなものだから
子どもたちの眠る前の儀式には、丁寧にお付き合いしたいと思う